Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含む税額決定書の誤送付が2件発生 - 川口市

埼玉県川口市は、事務処理ミスにより税額決定通知書の誤送付が発生し、マイナンバーを含む個人情報を漏洩したことを明らかにした。

同市によれば、2017年度の市民税、県民税特別徴収税額決定通知書約5万7000件を送付したが、そのうち2件で誤送付が発生した。あわせて7人分の氏名や住所、マイナンバー、課税情報などが含まれるという。

同市職員のデータ入力ミスにより、別人の情報を記載した通知書を送付したケースや、通知書の封入作業を委託している事業者が、本来送付すべき企業とは異なる企業に誤って送付したケースなどがあった。

いずれも誤送付した通知書を回収。同市では、対象となる関係者や誤送付先の企業に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市