Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を

警察庁は、「Windows Server 2003 R2」に含まれる「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測したとして注意を呼びかけた。攻撃を受けた場合、深刻な被害を受けるおそれがある。

同庁によれば、観測システムにおいて、「IIS 6.0」の脆弱性「CVE-2017-7269」を対象とした攻撃とみられるアクセスを、4月30日と5月17日に観測したもの。

20170526_np_001.jpg
攻撃活動の検知動向(グラフ:警察庁)

問題の脆弱性は、「WebDAV」の機能が有効となっている「IIS 6.0」において、細工した「PROPFINDリクエスト」を受信すると、サーバ上で任意のコードを実行されるおそれがある。脆弱性の攻撃ツールもすでに公開済みだ。

3月に華南理工大学の研究者2人が公表。その際に少なくとも2016年の7月か8月ごろより同脆弱性を突く攻撃コードが出回っていたと指摘している。また同脆弱性に関し、ソフトバンク・テクノロジーやトレンドマイクロなども注意喚起を行っていた。

(Security NEXT - 2017/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に