Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を

警察庁は、「Windows Server 2003 R2」に含まれる「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測したとして注意を呼びかけた。攻撃を受けた場合、深刻な被害を受けるおそれがある。

同庁によれば、観測システムにおいて、「IIS 6.0」の脆弱性「CVE-2017-7269」を対象とした攻撃とみられるアクセスを、4月30日と5月17日に観測したもの。

20170526_np_001.jpg
攻撃活動の検知動向(グラフ:警察庁)

問題の脆弱性は、「WebDAV」の機能が有効となっている「IIS 6.0」において、細工した「PROPFINDリクエスト」を受信すると、サーバ上で任意のコードを実行されるおそれがある。脆弱性の攻撃ツールもすでに公開済みだ。

3月に華南理工大学の研究者2人が公表。その際に少なくとも2016年の7月か8月ごろより同脆弱性を突く攻撃コードが出回っていたと指摘している。また同脆弱性に関し、ソフトバンク・テクノロジーやトレンドマイクロなども注意喚起を行っていた。

(Security NEXT - 2017/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請