Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」感染端末からの通信、一時減少するも再度増加

ワームとして拡散するランサムウェア「WannaCrypt」の感染が確認されていることを受け、警察庁は同マルウェアの感染端末が発信元と見られる通信パケットの観測状況を明らかにした。

同庁では同マルウェアの検体を入手。ローカルネットワークやランダムなグローバルIPアドレスに対して感染活動を展開し、TCP 445番ポートへ特徴を持ったパケットを発信していることを確認していることから、同庁の定点観測システムにおいて、「WannaCrypt」の感染端末が送信したと見られるパケットの観測動向について分析した。

発信元となったIPアドレスの件数を見ると、多い日には1日あたり300件前後に達している。時系列で見ると、5月12日、13日にピークを迎え、14日以降は150件程度まで落ち着きを見せていたが、17日再び増加傾向を見せ、18日には再び300件に達したという。

パケットの送信元となった国を見ると、12日以降、ロシアを筆頭に台湾、中国、米国などからTCP 445番ポートに対するパケットが送信されていた。またウクライナやインド、ブラジル、メキシコからのパケットも観測されている。

20170519_np_001.jpg
感染端末からと見られるパケット送信元のIPアドレス数(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を