Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムを保有する組織のセキュリティ対策責任者を対象に、演習を提供する短期プログラムを7月に都内で開講する。

同プログラムは、制御システムを保有する組織において、セキュリティ対策を統括するCISO(最高情報セキュリティ責任者)やCIO(最高情報責任者)などを対象に、サイバー攻撃を想定した演習を実施するもの。

14日は「トレーニングセッション」として、重要インフラ事業者特有の脅威や防御について学ぶほか、組織やビジネスに与える影響について討論。また、監督省庁や関係者とのコミュニケーションや連携のあり方についての理解を深める。

15日の「ウォーゲームセッション」では、シナリオに基づいた実践演習を実施し、効果的なインシデント対応とインシデント管理について学習する。

会場は、東京都文京区の同機構オフィス。定員は30人。受講料は2日間で30万円。同機構産業サイバーセキュリティセンターから受講申込書を取り寄せ、必要事項を記入して提出する。詳細は同機構の資料から。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定