Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」

GMOペイメントゲートウェイは、同社が運用を受託していたウェブサイトが不正アクセスを受け、情報漏洩が発生した問題で役員を処分した。

同問題は、都より受託していたクレジットカードによる都税の支払いサイトや、住宅金融支援機構の関連サイトが「Apache Struts 2」の脆弱性を突かれ、クレジットカード情報をはじめとする個人情報が流出したもの。4月末までにクレジットカード情報の不正利用は確認されていない。

今回の問題を受けて同社では、セキュリティに関するマネジメント体制や運用に起因したとし、経営責任を明らかにするとして処分を発表。代表取締役社長の相浦一成氏について役員報酬の30%を3カ月減額するなど役員3名について減俸処分とした。

(Security NEXT - 2017/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社