Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も

一方、誘導先のフィッシングサイトでは、最初に「CAPTCHA」による認証画面を用意。その後の遷移画面からメールアドレスや名前、住所、電話番号、クレジットカード番号、パスワードなど詐取していた。

さらに過去に情報を詐取したことがあるIPアドレスからアクセスされた場合は、フィッシングサイトへ遷移せず、Appleの正規サイトへリダイレクトされる。

またフィッシング対策協議会が確認したサイトの一部では、サーバ証明書を悪用。HTTPS接続により、安全なサイトを装っていた。

複数のフィッシングサイトが稼働しており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃の情報提供を呼びかけている

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を