Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学共同で制御システム防御技術の実証実験 - テストベッド環境を活用

Virtual Engineering Community(VEC)は、制御システムを標的にしたサイバー攻撃の防御技術をテーマとした産学共同研究「つるまいプロジェクト」を開始した。テストベッド環境による実証実験を展開する。

同プロジェクトでは、名古屋工業大学大学院の制御プラント実験施設とNTTコミュニケーションズのVPNサービスを利用したテストベッド環境を活用。サイバー攻撃を再現しつつ、攻撃の防御に有効なセキュリティ技術や手法について研究する。

制御システムは、マルチベンダーで構成。制御製品そのもののセキュリティ機能や、セキュリティ製品の機能や性能について確認を進める。

同団体では、5月18日と19日に開催する「第9回制御システムセキュリティ対策カンファレンス」で、実証実験の中間報告を発表する予定。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減