Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増

インシデントの内容を見ると、「スキャン」が2391件で前期の2177件から増加。次いで多かったのは「ウェブサイト改ざん」の967件で、前期の688件から41%増となった。

20170413_jp_001.jpg
インシデント件数(表:JPCERT/CC)

2月初旬に「WordPress」の脆弱性を突いた大規模な攻撃が行われ、同攻撃により改ざんされたと見られる国内サイトが多数確認されたことも影響したという。

またフォントのアップデートを促すポップアップが表示されるように改ざんされたケースが1月に複数報告されたという。

「フィッシングサイト」も前期比36%増となる707件と大きな変化が見られた。一方、「マルウェアサイト」は91件で、前期の376件から大幅に減少。

そのほか、「DoS/DDoS」が75件、「標的型攻撃」が11件だった。前期に24件と増加が目立った「制御システム関連」は4件へと減少している。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査