Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Nintendo Switch人気に便乗、エミュレータに見せかけマルウェアを配布 - YouTubeで宣伝も

任天堂が3月3日に発売した家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の人気に便乗して個人情報を入力させたり、マルウェアをインストールさせる行為が確認されている。

20170331_sy_001.jpg
エミュレーターなどと称して誘導を行っていたサイト(画像:シマンテック)

シマンテックによれば、同ゲーム機の無料エミュレータなどと説明し、ロック解除コードを取得するためのアンケートなどと称して情報を収集したり、マルウェアをダウンロードさせる攻撃を確認しているという。

また攻撃者は動画サイトで、「エミュレータ」の宣伝動画を公開。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をプレイするまでの方法などと称して、誘導を行っていた。

同社はこうした行為について、アンケートやユーザー登録、データのダウンロードなどで報酬が発生するアフィリエイトプログラムが関与している可能性があると分析。どうしても「Nintendo Switch」を遊びたいなら、購入を検討すべきとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀