Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office利用できなくなる」とだますフィッシング - フィ対協が今月2度目の注意喚起

マイクロソフトのセキュリティチームを装ってOfficeのプロダクトキーが不正にコピーされていると利用者をだまし、偽サイトに誘導するフィッシング攻撃が再び発生している。フィッシング対策協議会が今月2度目の注意喚起を行った。

20170331_ap_001.jpg
誘導に利用されたフィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

問題のフィッシング攻撃は、「プロダクトキーが不正にコピーされている」として、検証作業を行わないとキーの権利を失うなどと利用者の不安を煽り、偽サイトへ誘導するもの。

誘導先のフィッシングサイトでは、アカウント情報を入力してサインインするよう促し、遷移したページで個人情報やクレジットカード番号、セキュリティコードなどの入力を求める。

同様の手口は1月に確認されて以来、断続的に確認されており、これまでも4回ほど同協議会では注意喚起を行っている。今回の攻撃では、偽サイトのURL2件があらたに確認されており、3月31日の時点でフィッシングサイトが稼働していた。

同協議会では、フィッシングサイトのテイクダウンに向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。今後も類似の攻撃が発生する可能性があるとして、引き続き警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市