Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立

FFRIは、米国に子会社「FFRI North America」を4月に設立する。同社による子会社の設立は今回がはじめて。

拠点は、カリフォルニアのアリソビエホで資本金は80万ドル。FFRIが全株式を所有する。CEOには、McAfeeでソリューションアーキテクトや、Vectra Networksでリージョナル セールス マネージャーを務めたPablo Garcia氏が就任する予定。

子会社を設立した理由についてFFRIは、サイバー攻撃に対して従来の対策では十分な効果を期待できない一方、北米における有効な対策製品の普及は限定的であると説明。市場規模が大きい同市場に対し、同子会社を通じて同社セキュリティ対策ソフト「FFRI yarai」を展開していくという。

(Security NEXT - 2017/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違