Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ntpd」に10件の脆弱性 - アップデートがリリース

時刻の同期などに利用する「Network Time Protocol daemon(ntpd)」の開発チームは、サービス拒否を引き起こすおそれがある複数の脆弱性へ対処したアップデート「同4.2.8p10」をリリースした。

同版では、入力値検証に関する脆弱性「CVE-2016-7431」「CVE-2016-7434」や、NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2016-9311」のほか、リソースの消費など脆弱性10件を含むあわせて15件の問題を解消した。

また不十分なリソースプールが生じる「CVE-2016-9312」に関しては、Windowsのみ影響を受けるとしている。

いずれの脆弱性も悪用されると、サービス拒否を引き起こすおそれがあるという。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-7426
CVE-2016-7427
CVE-2016-7428
CVE-2016-7429
CVE-2016-7431
CVE-2016-7433
CVE-2016-7434
CVE-2016-9310
CVE-2016-9311
CVE-2016-9312

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処