Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性

2020年の進捗率予想も80%にとどまり、5台に1台がまにあわないと予測。特に500人以上の大企業は73.5%と低い割合を示したという。

20170309_id_001.jpg
「Windows 10」への切替え計画がある企業における台数進捗率(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanでは同調査結果を踏まえ、「Windows XP」では1年前の稼働率が29.3%だったことに注目。2019年の予想進捗率と比較し、大量の買い替え需要が発生し、その後企業向けパソコン市場が冷え込む可能性があると予測した。

ただし、「Windows XP」の29.3%という数字は、2013年当時、企業において稼働するPC全体の割合であった一方、今回明らかとなった34.6%という割合は、あくまで移行計画を進める企業においての進捗率であり、PC全体の稼働率ではないため、単純に比較できず、注意が必要。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件