Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策

パロアルトネットワークスは、同社ファイアウォール向けに最新OSとなる「PAN-OS 8.0」をリリースするとともに、9製品をあらたにラインナップへ追加した。

最新OSでは、70以上の新機能を追加。ベアメタルの分析により検知を回避するマルウェアへの対策を搭載。コマンド&コントロールサーバに関する定義ファイルの生成を自動化した。さらにフィッシングサイトへの対策強化や、窃取された認証情報の使用を防止する機能など、認証情報の保護機能を強化している。

また従来の16製品にくわえ、「PA-5260」や「PA-850」など物理アプライアンス6製品や、「VM-700」など仮想アプライアンス3製品の、あわせて9製品をラインナップへ追加した。

SSL通信の復号化など処理能力を強化。従来の同クラスの製品と比較するとパフォーマンスを最大10倍向上させたという。

(Security NEXT - 2017/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET