Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、「GUARDIANWALL」をリブランド - 情報漏洩対策ソリューションとして展開

キヤノンITソリューションズは、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」をリブランドし、「GUARDIANWALL Mailファミリー」として3月27日より提供開始する。

同社では、「GUARDIANWALL」のブランドを見直し、メールやウェブなど含めた情報漏洩対策のソリューションとして展開することを決め、ブランドを刷新したもの。

旧来の「GUARDIANWALL」に関しては、一般企業向け製品「GUARDIANWALL」と、クラウド事業者向け製品「GUARDIANWALL CloudEdition」を統合し、「GUARDIANWALL Mailファミリー」として提供する。

同社は、2020年に「GUARDIANWALL」を中核にセキュリティ事業で100億円の売上を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ