Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FAE、操作制御やログ機能を搭載する「InfoBarrier」に新版

富士通アドバンストエンジニアリングは、Windowsの操作を制限したり、ログの取得、資産管理などの機能を備えたセキュリティソリューションの新版「InfoBarrier10」を3月末に発売する。

同製品は、端末における操作や利用するメディアを制限したり、操作ログの取得、資産管理、監視機能などを備えたソフトウェア。

最新版では、ネットワークへ接続されていないスタンドアロン環境の端末におけるログの取得に対応。許可した外部媒体のみ使用できるよう制御することが可能となった。また最新OSである「Windows 10」をサポートしたほか、管理機能を強化している。

同社では今後3年間に50万ライセンスの販売を目標に同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト