Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生

「Gozi」の後継とも呼ばれる不正送金マルウェア「DreamBot」による不正送金が国内で発生していたことがわかった。関連機関では注意を呼びかけている。

同マルウェアは、「Ursnif」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる「Gozi」の後継にあたるトロイの木馬。メールの添付ファイルはもちろん、「RIG」などエクスプロイトキットなどを通じて感染を広げている。

「Gozi」の後継と呼ばれる理由は、流出した「Gozi」のコードを利用して作成されているためで、キーロガーやマンインザブラウザなど、感染端末よりオンラインバンキングに関する情報を窃取する機能を搭載。さらに2016年7月には、Tor経由で通信する機能やP2Pによるコントロール機能が追加された亜種が見つかっている。

警察庁が1月に同マルウェアを利用したとみられる不正送金を確認。今後同様の被害が拡大していくおそれがあり、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか