Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス

カスペルスキーは、同社のデータベースから脅威情報を検索できる「脅威情報ルックアップサービス」を提供開始した。

オブジェクトのハッシュ値やURL、IPアドレスなどを用いて同社データベースから脅威関連情報を入手できる法人向けサービスで、「カスペルスキー セキュリティインテリジェンスサービス」の1メニューとして展開する。

脅威の判定内容をはじめ、マルウェアの種類、検知した日時や地域分布、時間推移などの統計情報、ホストされていたURL、マルウェアの通信先、オブジェクトの属性、マルウェアが潜伏しているフォルダのパスなどの情報を参照でき、インシデントの調査時などに活用できる。

また既存の「脅威データベース提供サービス」に「IPレピュテーション」メニューを追加。C&Cサーバなど脅威に関するURLやマルウェアのハッシュ値など従来の脅威情報にくわえ、攻撃に用いられたIPアドレスやTorの出口ノード、スパムのリレーサーバといったIPアドレス情報を提供する。

(Security NEXT - 2017/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら