Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ

ゲオのサポートセンターにおいて、パソコンがマルウェアへ感染し、顧客情報が流出したことがわかった。

20170203_ge_001.jpg
マルウェア感染が発生したゲオモバイル

同社によれば、中古スマートフォンの販売や買い取りを行うゲオモバイルとSmarketのサポートセンターで利用するパソコンがマルウェアへ感染し、顧客情報が流出したもの。

1月17日から23日までの間に同サポートセンターへ電話またはメールで買い取りの申し込みや問い合わせをした顧客が対象。

顧客によって異なるが、氏名や住所、携帯電話番号、メールアドレス、誕生日、性別、銀行口座番号など126人分の個人情報が流出したという。

1月17日にサポートセンターの担当者が買い取りの見積もり依頼を装ったメールを受信。添付ファイルを開いたことによりマルウェアへ感染した。

(Security NEXT - 2017/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で