Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省ら、カメラ画像活用のガイドブック - 配慮事項を整理

経済産業省、総務省およびIoT推進コンソーシアムは、事業者が取得したカメラ画像を利用する際の配慮事項などをまとめた「カメラ画像利活用ガイドブックver1.0」を公表した。

同ガイドブックは、個人を特定する目的以外でカメラ画像の利活用を検討している事業者を対象に、画像を取得、利用する上で配慮すべき事項について整理したもの。

ビジネスや都市計画などで、カメラ画像の利用ニーズがある一方、同意がない状況で個人情報が取得されたり、カメラ本体を目視しただけでは、取得される画像の利用範囲や利用目的が把握できないなどの課題もあるとして、撮影される人物のプライバシーを保護し、事業者との相互理解を構築するために必要な配慮事項を取りまとめた。

対象は、店舗の入口や店舗内に設置されたカメラ、公共空間に向けたカメラ、駅の改札や構内に設置されたカメラなどで、防犯目的のカメラ画像は対象外となる。

基本原則では、特定の個人の識別できる場合は個人情報保護法を遵守する必要があるとし、対応すべき項目について記載。さらに強制ではないとしつつも、「事前告知時」「取得時」「取扱時」「管理時」と、利活用の過程ごとに配慮事項を整理。店舗内や野外の設置カメラなど具体的な事例を示している。

(Security NEXT - 2017/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
プライバシーポリシーを刷新、マンガでもアピール - LINE
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏