Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に

2016年第4四半期は、「ウイルスを検出した」という偽の警告でユーザーをだます行為に関する相談が、前四半期の1.4倍に増加した。前年同期の約15倍へと拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第4四半期の不正アクセス届出状況や相談状況を取りまとめたもの。

同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは19件で、前四半期から変動はなかった。14件で実際に被害が発生している。

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が4件、「侵入」が2件、「不正プログラム埋込」と「DoS」が各1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が4件でもっとも多く、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が3件、「その他」が2件だった。また5件については原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加