Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に

2016年第4四半期は、「ウイルスを検出した」という偽の警告でユーザーをだます行為に関する相談が、前四半期の1.4倍に増加した。前年同期の約15倍へと拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第4四半期の不正アクセス届出状況や相談状況を取りまとめたもの。

同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは19件で、前四半期から変動はなかった。14件で実際に被害が発生している。

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が4件、「侵入」が2件、「不正プログラム埋込」と「DoS」が各1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が4件でもっとも多く、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が3件、「その他」が2件だった。また5件については原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増