Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカなど個人情報流出か - 電子たばこ通販サイト

電子たばこを取り扱う通販サイト「The Frienbr SHOP」が海外から不正アクセスを受け、クレジットカードを含む顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するファングラーコマースによれば、流出した可能性があるのは2016年7月8日から8月5日までに、同サイトにおいて新規でクレジットカード決済を利用した顧客の個人情報最大578件。

ウェブアプリケーションの脆弱性を突かれ、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードのほか、氏名や住所などが窃取されたおそれがある。

2016年8月5日に、クレジットカード会社から決済代行会社を通じ、情報漏洩の可能性について指摘を受け、問題が発覚。同社ではカード決済を停止して、外部へ調査を依頼していた。

発表まで期間を要した点については、不確定な時点での情報公開は混乱を招くとの説明が決済代行会社からあり、発覚直後の発表は避け、調査結果などを待って発表したという。

同社では、脆弱性や管理体制の不備など、調査で指摘を受けた点について対策を進めているとしている。

(Security NEXT - 2017/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社
JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス
メール覗き見職員を処分、PWなど推測して不正アクセス - 宇陀市
サポート詐欺被害でイベント参加者名簿が流出の可能性 - 山口市
総務省、LINEヤフーに行政指導 - 「電気通信事業全体の信頼を損なった」