Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定

佐賀県教育委員会は、教育情報システムが不正アクセスを受けて個人情報などが流出した問題を受け、「佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策実施計画」を策定した。

同委員会では、同県教育情報システムや県内中高校の学内ネットワークが不正アクセスを受けて個人情報が流出した問題について、情報セキュリティの観点から検証を行う第三者委員会を設置。今回、同委員会の提言を踏まえ、今後のセキュリティ対策に関する実施計画を策定した。

実施計画は、対応済みの対策も含めて10項目で構成されている。セキュリティやシステム監査の実施、デジタルコンテンツのインストール方法の改善、生徒端末規約の策定などは2017年度から実施する予定。関係者による情報共有体制の確立は、2017年度中に完了するとしている。

また無線LAN運用時間帯の見直し、アカウント管理の強化、重要アカウントを含む文書類のオフライン管理の徹底、同委員会による情報の把握と統制などはすでに対応済みだという。

そのほか、職員向けの研修、ヒヤリハット情報の共有、生徒向けの情報セキュリティ教育などを実施。さらに運用や情報セキュリティに関するルール集をまとめ、2016年度内に各校へ周知するとしている。

(Security NEXT - 2017/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集