Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年3月にサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 大陽日酸

産業ガス大手の大陽日酸は、2016年3月にサイバー攻撃を受けていたことを明らかにした。同社関係者の個人情報が外部へ流出していたことが判明している。

同社によれば、2016年3月11日に同社のサーバが不正にログインされていることを検知したもの。その後の調査で4月29日に氏名、会社名、職位、メールアドレスなど、同社グループの従業員と退職者に関する1万1105人分の個人情報が流出した可能性があることが判明した。

生産設備の制御系システムは、情報系ネットワークやインターネットとは接続しておらず、今回のサイバー攻撃による影響について否定。流出した情報を悪用した攻撃メールなども、同社内や取引先から報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2017/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
スマホ充電スポットに潜む危険 - 信頼できるサービスの利用を
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
岡山放送に不正アクセス、視聴者の電話番号など流出
農水省、内部文書124件が流出した可能性 - PC39台にトロイの木馬
「攻撃を初期段階で検知、対応できた」 - Evernote日本代表