Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年3Qのクレジットカード不正被害は34.1億円 - 番号盗用が62.9%

2016年第3四半期におけるクレジットカードの不正使用被害は、34億1000万円だった。番号の盗用が62.9%を占める。

日本クレジット協会が国際ブランドカードを発行している会社を中心に、銀行系カード会社、流通系クレジット会社、信販会社、中小小売商団体などにおける被害状況について調査、取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は34億1000万円で、前四半期の35億7000万円から減少した。

しかしながら、2015年第3四半期に30億円を突破し、2015年第4四半期以降35億円前後と高い水準で推移。

2016年は、第3四半期を終えた時点で被害額はすでに106億8000万円に達しており、2015年の120億円を上回ることはほぼ確実とみられる。

2016年第3四半期の不正被害における内訳を見ると、番号の盗用被害が21億7000万円と62.9%を占めており、偽造カードによる被害の6.4億円を大きく上回る。また番号盗用被害における国内外の内訳を見ると、国内が65%、海外が35%だった。

(Security NEXT - 2016/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ会社装うフィッシングサイトの割合が激減 - 5%ほどに
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位