Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力時間指定フィッシングを再び観測 - 偽LINEに注意

フィッシング対策協議会は、SNSサービスの「LINE」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20161221_ap_001.jpg
誘導先の偽サイト(画像:フィ対協)

今回確認された攻撃では、「LINE Corporation」「LINE」といった件名でフィッシングメールが送信されており、「アカウントで異常ログインが行われた」などと説明。ウェブページで検証を求めるように見せかけ、リンクより偽サイトへ誘導する。

メールに記載されたリンクは、HTMLメールにより誘導先のURLを偽装。誘導先のフィッシングサイトに関しては、すでに5種類のURLが確認されているという。

今回に限らず、LINEを偽装したフィッシング攻撃は、10月、11月とたびたび観測されている。11月に観測されたメールでは、誘導先の偽サイトが利用できる期間について「毎日9時から20時まで」と指定するなど特徴が見られたが、今回のメールでも同様の記載があった。

同協議会によれば、12月21日13時半の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査