Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3割が「アップデートしたくない」 - 通信速度やパフォーマンスへの影響懸念

アップデートを行わないとマルウェア感染のリスクが高まることを「詳しく知っている」と考えているユーザーは2割強に過ぎないことがカスペルスキーの調査でわかった。パフォーマンスへの影響でアップデートしたくないと考えるユーザーも3割にのぼる。

同社がインターネットで実施したセキュリティに関する意識調査で明らかになったもの。同調査は9月に国内の18歳から69歳のインターネット利用者を対象に実施。623人から回答を得た。

OSやソフトウェアのアップデートを行わないと、マルウェアに感染する可能性が高まることを知っているか尋ねたもので、「詳しく知っている」「聞いた事があるが、詳しくはわからない」「知らない」の3択から回答する。

結果を見ると、「聞いたことがあるが、詳しくはわからない」「知らない」をあわせると76.1%にのぼったという。同調査から、「ある程度知識がある」と考える中間層がどの程度存在するか判断できないが、「詳しく知っている」と自信を持って言い切れるユーザーは2割強にとどまることがわかる。

同様の質問をセキュリティ製品のユーザーと非利用者に分けてみると、セキュリティ製品のユーザーは「知らない」「詳しくはわからない」との回答は73.1%だが、セキュリティ製品を使っていない場合、91.3%と高い割合を示した。

ソフトウェアのアップデートについて、「必要なことなのですぐに行っている」との回答は6割。一方で「ネット通信速度やデバイスのパフォーマンスに影響するのでアップデートしたくない」と考えるユーザーも3割にのぼった。

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加