Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報トラブル「あるある」の対策手引書 - 経産省

経済産業省は、機密情報にまつわるトラブルと対策をわかりやすくまとめた「秘密情報の保護ハンドブックのてびき」を公開した。

20161213_me_001.jpg
秘密情報の保護ハンドブックのてびき

同資料は、企業において競争力を維持する上で喫緊の課題となっている機密情報の漏洩を未然に防ぐため、具体的な事例などを踏まえた対策例を紹介した手引書。

同省では2月、機密情報の漏洩を防止するための対策を解説した「秘密情報の保護ハンドブック」を公開しているが、ボリュームが大きいため、同ハンドブックをより活用しやすくするため、今回気軽に参照できる手引書を用意した。

機密情報にまつわる身近なトラブルと対策のポイントを、イラストを使ってわかりやすくまとめているほか、情報漏洩が発生した際に見られる兆候を紹介。実際に発生した場合の対応方法や相談窓口なども紹介している。

同手引書は、同省のウェブサイトからPDF形式または電子ブック形式でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
3人に1人が「退職後も元職場にアクセスできる」- Kaspersky調査
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に改訂案 - 意見を募集中
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも