Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK

ティエスエスリンクは、システムに同社独自のファイル暗号化機能を組み込める「トランセーファー 暗号化SDK Ver.1.0」を発売した。

同製品は、コマンドラインよりファイルを暗号化できるSDK。コマンドライン暗号化ツールと、閲覧ツールで構成されている。同社独自のトランセーファー形式により暗号化。ファイルの閲覧のみ許可し、コピーや印刷、保存、画面キャプチャを禁止することが可能。利用端末を限定したり、ファイルの有効期限を設定することもできる。

価格は、暗号化サーバが1台、暗号化ファイルを1000ユーザーまで利用できる「トランセーファー 暗号化SDK 1000」が54万円。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック