Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市

京都府宇治市の市立中学校において、誤って作製した生徒の成績評価が記載された書類を、教諭が紛失したことがわかった。

同市によれば、12月1日夜に教諭が誤って作成したB4サイズ2枚の成績資料を手で8枚に破ってポケットに入れたが、その後紛失したもの。翌2日朝に別の職員が校庭の防球ネットに引っかかっている一部を発見。7枚を回収したが残り1枚が見つかっていない。

紛失した資料には、3年生50人分の氏名と社会科の成績が記載されていた。同校では対象となる生徒の家庭訪問を行い謝罪。また、保護者を対象とした説明会を開催する。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市