Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市

京都府宇治市の市立中学校において、誤って作製した生徒の成績評価が記載された書類を、教諭が紛失したことがわかった。

同市によれば、12月1日夜に教諭が誤って作成したB4サイズ2枚の成績資料を手で8枚に破ってポケットに入れたが、その後紛失したもの。翌2日朝に別の職員が校庭の防球ネットに引っかかっている一部を発見。7枚を回収したが残り1枚が見つかっていない。

紛失した資料には、3年生50人分の氏名と社会科の成績が記載されていた。同校では対象となる生徒の家庭訪問を行い謝罪。また、保護者を対象とした説明会を開催する。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県