Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード交付の遅延が解消 - 今後は1カ月以内目安に発送

マイナンバーカード交付通知書の送付が、申請より時間を要していた問題で、総務省はすべての自治体で問題が解消し、今後は申請から1カ月以内を目安に届けることが可能になったと発表した。

同省によれば、6月末の時点で全1741の市区町村において、27.2%で送付の滞留が発生していたが、翌7月末には5.7%に縮小。その後も改善が進み、10月31日までにJ-LISから自治体へ届けたマイナンバーカードの交付通知書については、11月末の時点ですべて申請者宛てに送られたことを確認したという。

今後、マイナンバーカードを申請した場合、交付通知書を発送するまでの標準的な期間は、おおむね1カ月以内になるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ファイルを取り違え、町民の個人情報を誤って公開 - 綾町
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
マイナンバー含むデータ入力を委託先が無断で再委託 - 熊谷市
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
マイナンバーカードが入った生徒の財布を紛失 - 埼玉県の高校