Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末よりGoogleアカウント奪う「Gooligan」 - 100万件以上のアカウントで被害か

Android端末へ不正アプリ「Gooligan」を感染させる大規模な攻撃キャンペーンが展開されていることがわかった。感染を通じて端末利用者のGoogleアカウントが奪取されているという。

攻撃キャンペーンについて報告した米Check Point Software Technologiesによれば、今回同社が確認した「Gooligan」は、2015年に1日あたり60万件におよぶ大量感染などが報告された「Ghost Push」の亜種。

「Gooligan」のコードを含むアプリが最初に確認されたのは2015年だが、亜種が確認された2016年8月以降に感染が拡大したという。

脆弱性が存在する「Jelly Bean」「KitKat」「Lollipop」を搭載したAndroid端末を標的としており、悪意あるテキストメッセージの不正なリンクなどを通じて、端末利用者がアプリをインストールしまうことにより感染が広がっている。

同社の観測では、1日あたり1万3000台以上が感染しており、100万件以上のGoogleアカウントが侵害を受けたと分析。感染端末の約57%はアジアに集中していた。

20161201_cp_002.jpg
「Gooligan」による攻撃キャンペーンの流れ(画像:Check Point)

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応