Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善

20161122_tm_003.jpg
国内で検出されたランサムウェアファミリーの割合(グラフ:トレンドマイクロ)

検出されたランサムウェアを種類別に見ると、「Locky」を拡散するスパムが広く流通したことも影響し、「Locky」が61%を占めた。それ以外はすべて1%以下に過ぎない。

ウェブ経由でランサムウェアを拡散させる動きも確認されており、同社の観測では、同四半期に国内からのアクセスが行われたエクスプロイトキットによる不正サイトの94%が、ランサムウェアを拡散していたという。これらランサムウェアの9割以上が「CryptXXX」の亜種だった。

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……