Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測

IDC Japanは、国内におけるクラウドセキュリティ製品の市場動向を取りまとめた。20%強の高い成長率を維持し、2020年の市場規模を193億円と予測している。

20161116__ij_001.jpg
各分野ごとの売上予測(グラフ:IDC Japan)

同社では、クラウド型のシングルサインオンやセキュリティゲートウェイ、そのほかパブリッククラウド環境におけるセキュリティ対策製品について「クラウドセキュリティ市場」と定義。同市場の実績や、今後の成長予測などを取りまとめた。

2015年度の市場規模は、前年度比19.1%増となる66億円。今後さらなる成長が期待できるとしており、2020年までの年間平均成長率を23.8%と予測。2020年の市場規模は、現在の3倍弱となる193億円を見込んでいるという。

(Security NEXT - 2016/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施