Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性情報の提供方法を2017年2月より変更 - APIも用意

マイクロソフトは、2017年2月より脆弱性情報の提供方法を刷新することを明らかにした。プレビュー版の提供を開始している。

従来同社では、各セキュリティ更新情報ごとに情報を整理し、ウェブサイトで情報を提供していたが、利用者の環境に則した情報を参照できるよう、あらたにダッシュボード形式のポータルサイト「セキュリティ更新プログラムガイド(Security Updates Guide)」を用意。

11月の月例更新よりプレビューを公開し、2017年1月の月例更新まで従来の方法と並行して提供した上で、2月には完全に移行。従来の「セキュリティ情報」を廃止し、「セキュリティ更新プログラムガイド」でのみ情報を提供する予定だ。

同サイトでは、セキュリティ更新や、関連する脆弱性情報をデータベースとして提供。利用環境やCVE番号、KB番号で検索したり、日付別によるソート、フィルタを行うことが可能。また必要な情報を取得できる「RESTful API」を提供する。

(Security NEXT - 2016/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を