Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール経由でマルウェア感染、外部と通信 - 富山大

富山大学水素同位体科学研究センターのパソコンがマルウェアに感染し、外部と不正な通信を行っていたことがわかった。機密情報は含まれていないという。

同センターは、核融合炉の燃料として使われる水素同位体の研究施設。一部メディアの報道を受けてマルウェアへの感染について認めたもの。2015年11月に研究者に送られたメールをきっかけにマルウェアへ感染し、外部と大量の通信が行われていたという。

同大では、感染した端末内部のデータについて、すでに発表済みであったり、公開を前提としているデータであるとし、機密情報の漏洩を否定。今回の問題を受け、同大ではセキュリティ対策の強化など進めるとしている。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
委託先でランサム被害、影響は調査中 - 岸和田市
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市