Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、フルタイムのSOCサービスを開始

大塚商会は、ログを相関分析し、インシデント検知時に通知する「たよれーる AdvancedSOCサービス」を11月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンターにおいて、顧客のネットワーク機器やセキュリティ機器から収集したログをフルタイムで監視するSOCサービス。

収集したログの相関分析にはヒューレットパッカードのSIEM「ArcSight」を活用。セキュリティインシデントを検知した場合は、検知内容や対策などをメールで通知。月次レポートも提供する。

月額利用料は93万7440円から。別途初期費用が必要。同社では、3年間で10億円の販売を目指している。

(Security NEXT - 2016/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ