Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - テスト用インターフェースが残存

Cisco Systemsのメールセキュリティ製品「Cisco Email Security Appliance(ESA)」にリモートよりルート権限を奪われるおそれがある深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

20160929_cs_001.jpg
脆弱性の重要度は「クリティカル」(画像:Cisco Systems)

同製品に搭載しているOS「Cisco IronPort AsyncOS」において、リモートより認証なしに機器の制御を奪取することが可能となる脆弱性「CVE-2016-6406」が判明したもの。同社では脆弱性の重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル」にレーティングしている。

一部バージョンに製造段階で必要となるテストやデバッグ用に用意されたインタフェースが存在していることが判明したもので、同インタフェースを攻撃することで、ルート権限を取得できるという。

同社では、回避策として対象機器をコマンドラインからリブートすることによりテスト用インタフェースを使用不能にできると説明。また脆弱性を修正した「同9.1.2-041」「同9.7.2-065」をリリースした。「同10.0.0系」に関してはパッチの準備を進めている。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開