Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ情報1.4万件流出の可能性、セキュリティコードも - アドプリント

印刷通販のアドプリントは、同社が運営するウェブサーバなどが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む関連ECサイトの顧客に関する個人情報が、外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

20160916_ap_001.jpg
被害を公表したアドプリント

同社が運営するウェブサーバやデータベースサーバが不正アクセスを受けたもので、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報など、サーバに保存されていた個人情報1万4627件が流出した可能性があることが判明した。

具体的には、「adprint」を含む関連12サイトで2014年8月25日から2015年9月23日にかけてカード決済を利用した顧客や、2016年5月20日から8月14日までに「adprint」を含む関連7サイトでカード決済を行った顧客が対象となる。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所や電話番号、メールアドレスが含まれる。クレジットカード以外の決済方法を利用した顧客は影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2016/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら