Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMG森精機と日本MS、制御システムのセキュリティ対策で技術協力

DMG森精機と日本マイクロソフトは、制御システムのセキュリティ強化やスマートファクトリー分野において、技術協力することで合意した。

今回の技術協力により、工作機械を中心とする制御システムのセキュリティに関する課題へ取り組み、スマートファクトリーの実現を目指す。

具体的には、Windowsを利用した工作機械コンソールなどのセキュリティや、工場内のセンサーが収集したデータの転送やクラウド上での取り扱いなど、日本マイクロソフトが持つセキュリティのノウハウを活用。

また、クラウドに集約したデータを活かした予防保全といったデータの利活用、VRやウェアラブルデバイスなど、IT技術の活用などに関しても技術協力を推進していく。

(Security NEXT - 2016/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド