Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザのアンケート調査に見せかけたフィッシング詐欺

一見、利用中のブラウザが表示した正規のアンケートに見せかけ、クレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

問題のフィッシング攻撃では、ウェブブラウジング中に、「Chromeユーザーの皆様」などとポップアップを表示。ブラウザのロゴなどを表示することでブラウザが表示したように装い、「Chrome:ユーザー調査」なる偽のアンケートサイトへ誘導するもの。

アンケートへ回答すると動画配信サービスを無料で利用できるなどと騙し、実在しない動画サービスに見せかけた誘導先でサインアップなどと称して、メールアドレスや氏名のほか、クレジットカード情報をだまし取っていた。

今回の攻撃について調査を行ったトレンドマイクロによれば、アンケート詐欺サイトをホストしている約2万件のドメインを調査したところ、8月8日から28日までの3週間で2万7000件のアクセスがあったが、約半数にあたる1万3000件が国内からアクセスだったという。

ターゲットとするブラウザも「Chrome」に限らず、使用しているブラウザに応じて変化。AndroidやiOSなどモバイル端末も標的としていた。詐欺サイトへの誘導方法について、詳細を調べているが、不正広告が原因と見られるとしている。

目新しい攻撃ではなく、類似した攻撃は以前から発生。クレジットカード情報の詐取だけでなく、ランサムウェアやバンキングトロジャンといったマルウェアへ感染させるケースもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意