Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザのアンケート調査に見せかけたフィッシング詐欺

一見、利用中のブラウザが表示した正規のアンケートに見せかけ、クレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

問題のフィッシング攻撃では、ウェブブラウジング中に、「Chromeユーザーの皆様」などとポップアップを表示。ブラウザのロゴなどを表示することでブラウザが表示したように装い、「Chrome:ユーザー調査」なる偽のアンケートサイトへ誘導するもの。

アンケートへ回答すると動画配信サービスを無料で利用できるなどと騙し、実在しない動画サービスに見せかけた誘導先でサインアップなどと称して、メールアドレスや氏名のほか、クレジットカード情報をだまし取っていた。

今回の攻撃について調査を行ったトレンドマイクロによれば、アンケート詐欺サイトをホストしている約2万件のドメインを調査したところ、8月8日から28日までの3週間で2万7000件のアクセスがあったが、約半数にあたる1万3000件が国内からアクセスだったという。

ターゲットとするブラウザも「Chrome」に限らず、使用しているブラウザに応じて変化。AndroidやiOSなどモバイル端末も標的としていた。詐欺サイトへの誘導方法について、詳細を調べているが、不正広告が原因と見られるとしている。

目新しい攻撃ではなく、類似した攻撃は以前から発生。クレジットカード情報の詐取だけでなく、ランサムウェアやバンキングトロジャンといったマルウェアへ感染させるケースもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応