Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校教諭が生徒の成績情報含むUSBメモリを紛失 - 神奈川県

神奈川県立商工高校において、生徒の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

7月29日に教諭が自宅でUSBメモリを紛失していることに気付いたもの。同教諭は、自宅で作業を行うため、学校が管理しているUSBメモリを同月14日に持ち出しており、以降の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、同教諭が授業を担当している生徒57人分の氏名や1学期のテスト結果、評価などが保存されていた。同校では対象となる生徒とその保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の進路希望先を記載した一覧表を紛失 - 三重県
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
筆耕者が卒業証書の写真をインスタ投稿、匿名電話で判明 - 東京都