Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修医が患者情報を無断持出 - 大阪市立総合医療センター

大阪市民病院機構は、大阪市立総合医療センターの研修医だった医師が3月の退職時に患者情報を無断で持ち出し、一時紛失していたことを明らかにした。

3月31日付けで同センターを退職した医師が、同センターの患者情報を含む資料を無断で持ち出していたことが判明したもの。専門医の登録申請のため、退院や転科した同センターの患者566人の情報をコピーした書類を持ち出し、使用していたという。

さらに7月22日1時過ぎ、同医師が現在の勤務先で作業した後、まとめきれなかった506人分の書類を自宅で作業するため持ち帰ったが、その際にタクシーへ置き忘れて一時紛失。タクシーの運転手が気付き、警察へ届け出ていた。

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院