Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDECとコモドジャパン、電子証明書の普及促進で協力

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とコモドジャパンは、電子証明書の普及で協力し、「JCAN証明書/CMD」の発行を開始する。

「JCAN証明書」は、企業内個人向けに提供する電子証明書。JIPDECから受託を受けてGMOグローバルサインが、認証局やサービスを開発したもので、「電子契約」や「S/MIME」「クライアント認証」「暗号化」などのニーズに対応する証明書2012年より提供している。

今回、コモドジャパンと協力について合意。コモドジャパンの認証局より発行する電子証明書について、JIPDECのJCAN証明書のブランド「JCAN証明書/CMD」として提供していく。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市