Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDECとコモドジャパン、電子証明書の普及促進で協力

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とコモドジャパンは、電子証明書の普及で協力し、「JCAN証明書/CMD」の発行を開始する。

「JCAN証明書」は、企業内個人向けに提供する電子証明書。JIPDECから受託を受けてGMOグローバルサインが、認証局やサービスを開発したもので、「電子契約」や「S/MIME」「クライアント認証」「暗号化」などのニーズに対応する証明書2012年より提供している。

今回、コモドジャパンと協力について合意。コモドジャパンの認証局より発行する電子証明書について、JIPDECのJCAN証明書のブランド「JCAN証明書/CMD」として提供していく。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産