Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外国人から提出された戸籍届書675件が所在不明 - 大阪市

大阪市において、外国人から提出された戸籍届書675件の所在がわからなくなっていることが明らかとなった。

2015年5月に城東区、次いで同年7月に東成区で外国人から提出された戸籍届書を紛失していることが判明したため、同市が1948年度以降の届書について調査を実施したもの。両区以外の22区役所についても調査を実施し、両区を含めあわせて675件の届書が紛失していることがわかった。

今回紛失が判明した675件については、戸籍に関する届出の受理状況を記録する「受付帳」に届書を受理した記載があったが、届書綴には綴られていなかった。届書を区役所から持ち出すことはないとし、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市では、紛失した届書に関する証明発行の要請があった場合には、代替の受理証明書を交付するなど、関係者に不利益が生じないよう対応するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社