Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外国人から提出された戸籍届書675件が所在不明 - 大阪市

大阪市において、外国人から提出された戸籍届書675件の所在がわからなくなっていることが明らかとなった。

2015年5月に城東区、次いで同年7月に東成区で外国人から提出された戸籍届書を紛失していることが判明したため、同市が1948年度以降の届書について調査を実施したもの。両区以外の22区役所についても調査を実施し、両区を含めあわせて675件の届書が紛失していることがわかった。

今回紛失が判明した675件については、戸籍に関する届出の受理状況を記録する「受付帳」に届書を受理した記載があったが、届書綴には綴られていなかった。届書を区役所から持ち出すことはないとし、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市では、紛失した届書に関する証明発行の要請があった場合には、代替の受理証明書を交付するなど、関係者に不利益が生じないよう対応するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市