Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JQAと日立、制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及を促進

日本品質保証機構(JQA)と日立製作所は、重要インフラの制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及に向けた取り組みを、共同で促進することで合意した。

今回の合意により両者では、国際標準である「IEC 62443-2-1」に規定されている制御システム向けセキュリティマネジメントシステム「CSMS(Cyber Security Management System)」に基づいたセキュリティ対策の普及に向けて、広報や展示会、セミナーをはじめとする周知活動を展開。

また日立では、重要インフラ事業者向けのソリューション展開にくわえ、「CSMS構築支援サービス」の提供を開始する。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
WP用ユーザー管理プラグインに脆弱性 - サイト管理者権限奪われるおそれ
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら