Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JQAと日立、制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及を促進

日本品質保証機構(JQA)と日立製作所は、重要インフラの制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及に向けた取り組みを、共同で促進することで合意した。

今回の合意により両者では、国際標準である「IEC 62443-2-1」に規定されている制御システム向けセキュリティマネジメントシステム「CSMS(Cyber Security Management System)」に基づいたセキュリティ対策の普及に向けて、広報や展示会、セミナーをはじめとする周知活動を展開。

また日立では、重要インフラ事業者向けのソリューション展開にくわえ、「CSMS構築支援サービス」の提供を開始する。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュマネ試験のネット実施に向けて実証試験 - IPA
2022年上期情報セキュマネ試験、合格率は61.2% - 最年長合格者記録を更新
ISMS踏まえてDXセキュ対策の考え方など解説した資料 - JIPDEC
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
PHP向けライブラリ「Guzzle」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
OSSのCMS「SHIRASAGI」にXSSの脆弱性 - 修正版がリリース
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
WP向けプラグイン「Modern Events Calendar Lite」に脆弱性 - 修正されるもWordPress.orgでの提供は中止に
WordPress向け連絡先管理プラグインに深刻な脆弱性
HTTPクライアント機能を提供するライブラリに脆弱性 - CMSにも影響