Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JQAと日立、制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及を促進

日本品質保証機構(JQA)と日立製作所は、重要インフラの制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及に向けた取り組みを、共同で促進することで合意した。

今回の合意により両者では、国際標準である「IEC 62443-2-1」に規定されている制御システム向けセキュリティマネジメントシステム「CSMS(Cyber Security Management System)」に基づいたセキュリティ対策の普及に向けて、広報や展示会、セミナーをはじめとする周知活動を展開。

また日立では、重要インフラ事業者向けのソリューション展開にくわえ、「CSMS構築支援サービス」の提供を開始する。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
「Drupal」の「PWAモジュール」に脆弱性 - 設定変更のおそれ
「WordPress」向けソーシャルログイン用プラグインに脆弱性 - パッチ未提供
「改訂新版セキュリティエンジニアの教科書」が発売 - 日本シーサート協議会
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
「WordPress」に脆弱性 - 1月のアップデートで修正済み
WPプラグイン「LayerSlider」に深刻な脆弱性 - 発見者は報奨金最高額を獲得
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞