Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JQAと日立、制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及を促進

日本品質保証機構(JQA)と日立製作所は、重要インフラの制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及に向けた取り組みを、共同で促進することで合意した。

今回の合意により両者では、国際標準である「IEC 62443-2-1」に規定されている制御システム向けセキュリティマネジメントシステム「CSMS(Cyber Security Management System)」に基づいたセキュリティ対策の普及に向けて、広報や展示会、セミナーをはじめとする周知活動を展開。

また日立では、重要インフラ事業者向けのソリューション展開にくわえ、「CSMS構築支援サービス」の提供を開始する。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
「Drupal」に外部ライブラリに起因するXSS脆弱性
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から