Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリ開発の指標に利用できる「OWASP ASVS」日本語版

JPCERTコーディネーションセンターは、「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準」を公開した。同センターサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、OWASP(Open Web Application Security Project)がアプリケーションに求められるセキュリティ要件をまとめた「Application Security Verification Standard(ASVS)3.0.1」の日本語翻訳版。アプリケーション開発時の要件設定や、アプリケーション開発の客観的な指標などとして活用できる。

アーキテクチャ、認証、セッション管理、アクセス制御など19カテゴリについて記載。機微情報を扱う場合や、高度な信頼性が求められるアプリケーションなど、3段階の「セキュリティ検証レベル」についても示している。最新版はJPCERT/CCの公式GitHubリポジトリで参照できる。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
トレンドマイクロの「Apex One」に複数脆弱性 - すでに悪用も
「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
「Chrome」にゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 「MS Edge」にも新版
「Chrome 105」がリリースに - 深刻な脆弱性などを解消
同期プログラム「rsync」に脆弱性 - アップデートをリリース
「Cisco SWA」に脆弱性、順次アップデートを公開
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ