Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリ開発の指標に利用できる「OWASP ASVS」日本語版

JPCERTコーディネーションセンターは、「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準」を公開した。同センターサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、OWASP(Open Web Application Security Project)がアプリケーションに求められるセキュリティ要件をまとめた「Application Security Verification Standard(ASVS)3.0.1」の日本語翻訳版。アプリケーション開発時の要件設定や、アプリケーション開発の客観的な指標などとして活用できる。

アーキテクチャ、認証、セッション管理、アクセス制御など19カテゴリについて記載。機微情報を扱う場合や、高度な信頼性が求められるアプリケーションなど、3段階の「セキュリティ検証レベル」についても示している。最新版はJPCERT/CCの公式GitHubリポジトリで参照できる。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
Ciscoのコラボレーションツールに深刻な脆弱性
NEC製セキュアプライアンスに複数脆弱性 - 3月の更新で修正済み
「Adobe Acrobat/Reader」に情報漏洩のおそれ - アップデートで修正
Chromeがアップデート、セキュリティ関連で8件修正
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用