Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリ開発の指標に利用できる「OWASP ASVS」日本語版

JPCERTコーディネーションセンターは、「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準」を公開した。同センターサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、OWASP(Open Web Application Security Project)がアプリケーションに求められるセキュリティ要件をまとめた「Application Security Verification Standard(ASVS)3.0.1」の日本語翻訳版。アプリケーション開発時の要件設定や、アプリケーション開発の客観的な指標などとして活用できる。

アーキテクチャ、認証、セッション管理、アクセス制御など19カテゴリについて記載。機微情報を扱う場合や、高度な信頼性が求められるアプリケーションなど、3段階の「セキュリティ検証レベル」についても示している。最新版はJPCERT/CCの公式GitHubリポジトリで参照できる。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「WordPress」向けソーシャルログイン用プラグインに脆弱性 - パッチ未提供
「GitLab」のアカウント乗っ取る脆弱性、悪用が発生 - 米当局が注意喚起
「WooCommerce」向けのカスタムフィールド追加プラグインにRCE脆弱性
「Cisco ASA」「FTD」に複数脆弱性 - ゼロデイ攻撃も発生
iOS向けLINEアプリの「金融系モジュール」に脆弱性 - アップデートで修正済み
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性