Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸中央病院の地域支援センターで個人情報入りUSBメモリが所在不明

神戸中央病院において、個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。

同院を運営する地域医療機能推進機構によれば、6月2日に同院の地域包括支援センターで、USBメモリの紛失が発生したもの。問題のUSBメモリには、同センター利用者11人の氏名と住所をはじめとする介護支援情報のほか、家族2人の氏名と電話番号が保存されていたという。

今回の紛失を受け、同院では、介護支援業務の委託元である神戸市と神戸市北区社会福祉協議会に事態を報告。対象となる利用者に紛失の経緯説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大