Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

首都圏上場100社、半数以上がDDoS対策を実施

上場しており100億円以上の売上がある首都圏内企業の半数超が、DDoS対策に取り組んでいることがわかった。

A10ネットワークスが、首都圏の1都3県に所在する売上100億円以上の上場企業を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。1月から2月にかけて100社のネットワーク担当者よりヒアリングを実施した。

DDoS対策の実施状況について聞いたところ、DDoS対策を「行っている」企業は55%、「行っていない」企業は31%だった。14%は未回答としている。回答した金融関連企業は、すべての企業がDDoS対策を実施していた。

あわせて実施したSSL通信の可視化については、21%が実施。68%は実施していなかった。未実施企業のうち41%は、SSL通信の可視化にも興味を持っていなかったという。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー