Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内上位50サイト、平均24件のスクリプトを実行 - 1Mバイト以上をダウンロード

日本国内からの閲覧数が多い上位50サイトでは、平均約24件のスクリプトを実行していることがわかった。平均コードサイズは1Mバイト以上にのぼるという。

5月5日時点において、Alexaにおける日本の上位50サイトの状況を、米Menlo Securityが調査したもの。上位50サイトで使用されているJavaScriptは23.8件だった。

上位50サイトのうち、3割以上のサイトで30を超えるスクリプトを実行。これらサイトからダウンロードされ、パソコン上で実行されるコードサイズは、平均1Mバイトを超えていたという。今回の調査でスクリプトに脅威などは含まれていなかった。

また同社は、サーバで動作するソフトウェアのバージョンについても調査を実施。閲覧数が多い上位50サイトのうち15サイトのサーバが、脆弱性が報告されているソフトウェアのバージョンを利用しているとの調査をまとめている。

15サイトにおいて利用されているソフトウェア17件について、脆弱性が報告されているバージョンを利用していると同社は指摘。これらの半数はプロバイダーのポータルサイトやブログだった。

具体的に利用されていたバージョンを見ると、「IIS 8.5」が6サイト、「php 5.2.3」「Apache 2.2.22」が各3サイト、「Apache 2.2.15」が2サイト、「IIS 7.5」「Apache 1.3.42」「同2.2.3」がそれぞれ1サイトで利用されていた。

ただし、調査はあくまでも外部より確認できたバージョン情報をもとにまとめたものだという。同社の指摘には、サポート中のバージョンが含まれており、パッチが適用されていたり、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)やバーチャルパッチなどの対策が講じられている可能性もあり、実際に脆弱であるかは不明。

(Security NEXT - 2016/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開